結婚後に住むための家を建築中。ローンを組むのに先に入籍するべき?

結婚後に住むための家を建築中。ローンを組むのに先に入籍するべき?

結婚前に二人が住む場所を決めるということは当然のことですが、賃貸にするのか分譲マンションにするのか、もしくは中古の戸建て、新築の戸建てなど、色々と選択肢があります。でも物件を購入する時点でもしも住宅ローンが発生するのでしたら、共働きをしている場合でしたら、男性一人の給料分よりも高い物件を買うことが出来る、つまり多くお金を借りることが出来るということになります。

 

 

 

でもその分自分にも負担が出てくるわけです。男性だけの名義で購入しておけば男性名義の住宅ローンになりますが、共働きで女性の方も住宅ローンの名義を持つということになると、支払い義務が生じてきます。

 

 

 

男性の方がもしも病気になったりケガをしたりしてローンを払えない時は、妻の方にその負担がかかってくることになります。男性が真面目でしっかりと働いてくれそうというふうに思うのであれば、自分自身もローンの名義になってもいいかもしれません。

 

 

 

でもなんとなく心配ということであれば、男性名義で借りられるお金だけ借りておいて、後は親に借りたり親戚に借りたり、二人の貯金だけで購入出来る物件を探す方が賢明ではないでしょうか。女性は妊娠して出産し、働けないような時期が来るかもしれません。その時のことを思うと、名義も男性と半分ずつというようなことでは将来的に心配です。

 

 

 

結婚後は賃貸に住んでおいて、しばらく貯金をして物件購入をしっかりと考えるというような人も多いようです。確かに賃貸に対してのお金はかかりますが、購入して失敗をするよりはずっとマシではないでしょうか。