何に満足を感じるか

何に満足を感じるか

式を挙げる立場の新郎新婦としては、何が上手く行けば「式が成功した」「大満足」と感じられるのか。

 

 

 

それはやはり、「列席者が楽しんでくれたかどうか」に尽きると思います。

 

両親に感謝の気持ちがしっかり伝わったか、親族には「立派になったな」と思ってもらえたか、友人・知人は「楽しい結婚式だった」と心からそう感じてくれているか。

 

 

 

この満足度が高ければ高いほど、新郎新婦の満足度も絶対的に上がります。

 

言い換えれば、挙式というのは自分たちの満足のためというより、列席してもらえるお客様のためになるのが一番いいということ。

 

 

 

そのためには、式場の雰囲気や料理・お酒の美味しさは外せませんよね。

 

そして式の内容や披露宴での余興も、列席者が楽しんでもらえるような内容で考えるのがいいでしょう。

 

 

 

参加した人たちが「つながれる」ような式、「結婚っていいな」と思えるような式が、本当の意味ですばらしい式だと思うのです。

 

 

 

みなさんの結婚式が一生の思い出に残るすばらしい式になりますように。